プロフィール

夕月夜

Author:夕月夜
うむー

ゆうづくとも


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

STAY ~夜明けのSoul~

七枚目のメジャーオリジナルアルバムです。
前作「LOCKS」から1年半ぶりです。
「LOCKS」があまりにもエバーグリーンすぎて個人的に微妙な感じのアルバムだっただけに今回のアルバムも正直、大きな期待をしておりませんでした。ところがどっこい。わたしにGARNET CROW熱を再燃させてくれましたよ。いやはや。

続きを読む »

スポンサーサイト

ハハハ

相変わらず、お約束ですね。

C/Wの「Nora」に期待か。

気付いたら

いつの間にやら、リリースされていたというこの事実。
「百年の孤独」。
全然気にしていなかったというわけですね・・・。
さて、買いに行きますか。

それにしても・・・、
七さんかわいいーなー

にゅうあるばむ

新しいアルバムの発売日が決まった様で。

3月12日。卒論発表あんどインカレ頑張ったご褒美ですな。
でも、3パターン発売はないなー。
CDのみ。CD+DVD(仁和寺Live ver)。CD+DVD(PV ver)。
ジャケットは3タイプとも異なります。
ってどこのアイドル?と思っちゃうよ。
熱心なファンが3つ買うだろうって魂胆がみえみえ・・・。
柴田淳しかり。
なんかレーベルのこういう売り方が気にくわない。
まだ、2タイプなら、ちょっと多く払って特典があるならいいかな。って思うけど。
3タイプとか、酷い。
ま、仁和寺Live ver の方を買います。

話がちょっと逸れました。
タイトルは「Locks」。

うーん。ちと微妙・・・。
ま、わたしの場合、意味は深く考えず、フィーリングなもので。
なにか意味はあるんでしょうけど。


Lockには「完全な支配」という意味があるそうな。

世界はまわると言うけれど

シングルです。CD買うまで一切聴かなかった。
HPでも音を消して見ていた。

初聴きでの感想をちょっと。
「世界はまわると言うけれど」
やはり、バラードの安定感は抜群です。
Aメロ、Bメロがいい感じ。

「彼方まで光を」
うーん。いい!
説明できないけどすき。

「Argentina」
イントロ聴いたときは、サザンっぽいって思った。
こんなメロディー、アレンジは無かったように思う。
疾走感あふれる曲。


来年春にアルバムがでるらしいー!
「LOCKS」(仮)だとか。たのしみだー!

世界はまわると言うけれど

世界はまわると言うけれど

  • アーティスト: Hirohito Furui, GARNET CROW, Azuki Nana
  • 出版社/メーカー: GIZA studio
  • 発売日: 2007/11/14
  • メディア: CD


 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。